about

MAGAZINE
FOR THE COMMUNITY.

雑誌がこの世に誕生して355年、写真と活字の組み合わせという原始的かつ普遍的なコミュニケーション手法は、例えそれがリアルであれ、ヴァーチャルであれ、有効に機能しています。デジタル化が進む一方で、改めて注目されるアナログの温度感。人々を惹きつけ、人と人を繋ぎ、コミュニティを強固なものにするために必要なのは、情報の量や速度だけでなく、その手触り、体温、偏愛の共有。つまりストーリーテリングなのです。それらを形作る出版業はもっとパーソナルで、多様的で、自由であるべきだ。

purezineは、編集者の「伝えたい」というピュアな想いに回帰するZINE(個人が作る雑誌)のレーベル。このサイトではpurezineが発行するZINEの販売を軸に、フィロソフィーを共有するその他のレーベルのZINEの販売も行っています。

It’s been 355 years since the magazine was born. And the primitive and universal communication method of combining photos and texts still works effectively, whether it is digital or analog. While digitalization is in progress, the sense of analog is drawing attention again. What is needed to attract people, connect people, empower community is not only the amount and speed of information, but also the texture, temperature, eccentricity, which is a story telling. The publishing industry that shapes it should be more personal, diverse, and free.

purezine is a ZINE (individually made magazine) label that returns to the editor's pure desire to convey. This site focuses on introducing ZINEs issued by purezine, and also ZINEs from other labels that share the philosophy.